MENU

韓国経済の今後の見通しは?成長が見込める分野を解説

韓国経済の今後の見通しは、短期的には「成長が鈍化」、長期的には「成長率の下落」と良い見通しがない現状です。

では、なぜ韓国経済の今後の見通しは暗いものが多いのでしょうか?

当記事では、韓国経済の見通しが良くない理由と、その中でも今後成長が見込める分野について解説します。

目次

なぜ韓国経済の今後の見通しは暗いのか

①短期的な韓国経済の今後の見通しは成長が鈍化する

短期的な韓国経済の今後の見通しとしては、成長の鈍化が予想されています。

成長が鈍化すると言われる要因としては…

  • 中国経済の減速
  • 米国の金融引き締め

が挙げられます。

韓国経済は、日本と同様に輸出によって成長をとげてきた国であり、特に中国や米国に対する輸出量が多くなっています。

2021年からの中国経済の減速、そして米国の金融引き締めによって韓国経済の今後の見通しは良くないと考えられています。

②長期的な韓国経済の今後の見通しは成長率が下落する

長期的な韓国経済の今後の見通しについては、成長率が下落すると予想されています。

成長率が下落する要因としては…

  • 国家債務の増加
  • 少子高齢化

が挙げられます。

韓国経済は、今後5年間、先進国の中で最も国家債務の増加速度が早い見通しです。日本とは違い、外貨建てで国債を発行する韓国は、為替の影響を受けやすい国です。

韓国経済の財務状況が大きく変化すれば、投資家からの外貨流入が少なくなり、成長率が下落する可能性もあります。

少子高齢化による人口構造の変化で成長がとまる

加えて韓国経済では、少子高齢化による人口構造の変化も、成長率の低下に寄与すると考えられています。

高齢化が進むと、労働改革など経済の活性化を行った場合の影響度が少なくなるため、長期的に見て韓国経済の成長率は低迷するとの考えられます。

次に、韓国経済の今後の見通しを正確に把握するために、韓国経済の現状について解説していきます。

関連 韓国経済はデフォルトするのか?

今後の見通しをするために韓国経済の現状を把握

2021年韓国経済成長率は4.0%と過去最高値を記録

韓国経済は、2021年にGDP(国内総生産)が4.0%増加しており、過去最高値を記録しました。

韓国銀行は、2022年も3%台の成長率を予想していますが、上記したとおり、中国や米国の影響を受けて、予想を下方修正せざるを得ないとの見方が大半を占めています。

中国など近隣諸国の影響を受けインフレ傾向にある

また中国など近隣諸国の影響は、成長率にとどまらず原油価格の上昇など韓国経済はインフレ傾向にあります。

韓国経済の今後の見通しとしても、インフレが続くと予想されており、家計への影響が心配されています。

デフォルト危機にもつながるウォン安が続く

加えて、韓国経済では、2021年からウォン安が続いています。

韓国は、外貨建ての国債が多く、ウォン安が続くと償還ができなくなるデフォルトの可能性も考えられます。

そのため、韓国銀行は2021年に利上げを行いました。

個人の家計債務の過去最高水準を記録

ただ、韓国ではインフレにより不動産価格が上昇しており、それに伴って個人の家計債務も増加傾向にあります。

今後の見通しとしても、個人の家計債務は増加し、利上げがしにくい状況が続きます。

ウォン安が起これば利上げによって調整をすることは現状できていますが、これ以上個人の債務が大きくなると、利上げが家計を圧迫する要因にもなります。

韓国経済の今後の見通しは、現状から見ても良い要素が見当たらないのが現状です。

関連 韓国経済の現状は?

短期的な韓国経済の今後の見通し

中国経済の減速と米国の金融引き締めで成長が鈍化する見通し

短期的に見た韓国経済の今後の見通しは「成長の鈍化」です。

中国経済の減速で輸出量が減少する

韓国経済の今後の見通しが良くない1つ目の要因は、中国経済の減速です。

韓国は、日本と同様、輸出によって成長した国であり、その多くを中国に輸出しています。

しかし、中国の経済が減速してきたことにより、韓国経済の成長率も鈍化すると予想されています。

米国の金融引き締めで韓国経済も圧迫

2021年、FRB(米連邦準備制度理事会)は金融引き締めのため、利上げを敢行しました。

米国の金融引き締めにより、韓国経済から外貨が流出することで、ウォン安が進みました。

ウォン安によって、輸出量が減少し、加えて輸入製品の消費が増えたため、韓国経済としても打撃を食らっています。

以上により、韓国経済は中国と米国の動きを受け、成長率が伸び悩むのが今後の見通しです。

長期的な韓国経済の今後の見通し

先進国の中で潜在成長率が最下位に落ちる今後の見通し

長期的な観点から見た韓国経済の今後の見通しは、成長率が下落すると予想されています。

その下落率は、先進国の中で最も悪いとの考えられています。

急激に進む少子高齢化によって経済成長率は下落する

韓国では、少子高齢化が進んでおり、出生率が0.84を記録しています。

急激な少子高齢化が進み、人口構造が変化していく中で、韓国経済の今後の見通しが明るくないと予想されています。

国家債務の増加が先進国の中で最も多い

加えて、韓国の国家債務の増加率が先進国の中で最も多いのも要因です。

日本も借金が多い国と言われていますが、円建ての借金が大半です。そのため、償還についても為替の影響を受けることなく、計画的に行うことが可能です。

しかし、韓国は外貨建ての借金が大半であるため、為替の影響を大きく受け、最悪の場合デフォルトになるケースもあります。

韓国経済は今後の見通しの中でいつデフォルトの危機追い込まれるか?

韓国経済がすぐにデフォルトになるとは考えにくい

韓国経済は、国家債務が増加しており、ウォン安が進めばデフォルトの危機にも陥る可能性が出てきています。

しかし、すぐに破綻する可能性は低いと考えられています。

その理由としては、韓国の外貨保有率にあります。世界の中を見ても、韓国は高い外貨保有率を誇っており、ウォン安になっても国債の償還ができるように対策をしています。

ウォン安が進めばデフォルト危機に陥る可能性はある

ただ、韓国経済において国家債務が増加しているのは間違いなく、ウォン安が続くようであれば、デフォルトになる可能性は常に持っています。

加えて、国民の借金の金額が対GDP比100%を超えているため、ウォン安対策である利上げが行いづらい状況にもあります。

米国や中国の動きによって今後の見通しが変わってくる

韓国経済の今後の見通しを考えるうえでは、中国と米国の動きを注視する必要があります。

韓国経済の状況が良くないのは、韓国国内の動きだけではなく、中国と米国の動きによるものが大きいです。

韓国経済は、中国と米国の動きによって今後の見通しが大きく変化するでしょう。

韓国経済の今後の見通しから成長が見込める分野を予想

半導体分野は今後も成長が見込める

韓国経済の今後の見通しが良くない中で、どこの分野に投資をするのか?

現在の韓国経済の中で順調に成長し続けているのは「半導体」分野です。

サムスングループをはじめとした半導体分野が堅調に推移しているからこそ、2021年の成長率4.0%を維持できています。

中国や米国などの動きによって成長率が変化する

しかし、韓国企業株に投資するなら、韓国の周辺地域の動向にも注視しておくべき必要があります。

最大の輸出国である中国などの経済状況によっても、韓国経済の成長率は大きく変わってきます。

そのため、韓国企業に投資をする場合は、近隣諸国の動向を見てから判断を行うようにしましょう。

韓国経済の今後の見通しは成長の鈍化

韓国経済の今後の見通しは、成長が鈍化し、最終的には下落すると考えられています。

為替の影響によっては、デフォルトの可能性も視野にいれており、投資先として多少不安が残る状況です。

また、韓国経済は、他の先進国の影響を受けやすいという特徴も持っているため、今後の見通しは読みにくくなります。

韓国経済に投資を行うなら、半導体関連をおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる